東京オリンピックで高速道路の規制や渋滞|開催期間&開催前の予測

東京 オリンピック 規制 渋滞 開催前 情報
広告

2020年、いよいよ東京オリンピックが開催されます。
国内外から多くの人々が訪れるので、道路渋滞などが心配ですよね。

では、東京オリンピック開催前から開催期間にかけて、高速道路の
規制や渋滞はどうなるのでしょうか?

ここでは、東京オリンピックの影響による交通事情について予測し
ていきます。

スポンサーリンク
  

東京オリンピックで高速道路の規制や渋滞はある?開催期間の予測

東京オリンピック開催期間中は、首都圏にかなりの人が集まるため、
どうしても交通渋滞はひどくなるでしょう。

2019年に2020年のオリンピックを想定し、首都高速道路の交通規制
の実験が行われていました。
それだけ、オリンピック期間は、交通渋滞が懸念されているという
ことですね。
   

2019年に交通規制実験が行われた首都高速道路では、特に交通渋滞
がひどくなるのではと言われています。
そのため、東京周辺の高速道路では、値上げまでも検討されている
ほどです。

東京オリンピック開催期間はやはり、高速道路の交通規制対策は、
避けられない状態のようです。
何も対策を打たないと、渋滞のために、都市部全体がパニックにな
る可能性が高いからです。
目標としては、開催期間の交通量を、都市部全体で10%削減する
ことが目標とされています。
そして更に、オリンピックの中心となる地域周辺は、交通量を
30%削減することが目標とされています。

これを達成するための具体的な対策としては、高速道路を封鎖する
などする規制が行われると言われています。
   

スポンサーリンク

また、高速道路だけでなく、一般道路も規制の対象となるため、車
両通行止め区域を新たに作る予定です。
そのため、この期間中は、私たちが通常使うルートを変更しなけれ
ばならないこともあるでしょう。

   

東京オリンピックでの高速道路は開催前も渋滞する?

東京オリンピック開催期間ではなく、開催前に関しては、交通渋滞は
起きるのでしょうか?
   

オリンピック開催前は、開催期間ほどの交通渋滞は起こらないのでは
ないかと予測されます。

開催期間に起きるとされている交通渋滞は、オリンピック関係の交通
量が増えることが原因だからです。
もちろん、開催前の時期も、夏休みシーズンですから、通常よりは交
通量が多くはなるでしょう。
ですが、「夏休みシーズンに普通に発生する交通渋滞の規模」に留ま
るのではと考えられています。
そのため、開催までであれば、極端な渋滞を気にせず、高速道路を使
っても問題ないでしょう。

   

さいごに

東京オリンピックの開催期間は、オリンピック関係者や観客などの
車両が一気に増え、大渋滞も予想されています。

そのため、開催期間には交通規制が検討されており、交通量を10~
30%削減することを目標としています。

具体的には、高速道路の値上げや封鎖、一般道路の車両通行止め区域
の設置などの対策が取られると言われています。

ただ、開催前は、それほど極端な渋滞は考えられないので、この期間
は安心して車で外出して大丈夫ですよ。
開催前の渋滞は、夏休み期間中などと同じくらいのレベルのものだと
予測されます。

   

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました