東京パラリンピックの聖火リレーはいつから?どのように行われる?

東京 パラリンピック 聖火リレー 概要
広告

東京パラリンピックは、競技だけでなく、聖火リレーも注目イベントのひとつです。
東京パラリンピックの聖火リレーは、素敵なコンセプトと共に続いています。

ここでは、東京パラリンピックの聖火リレーのことについて、詳しくお話していきます。

また、聖火リレーの日程や開催地、進行方法などについても触れていきます。
聖火リレーが「いつ」「どのように」行われるのか見ていきましょう。   

スポンサーリンク

東京パラリンピックの聖火リレーはいつから?

東京パラリンピックの聖火リレーは、五輪の選手村が閉じられた後、全国の各地域で
始まります。

東京都内の聖火リレーは、2020年8月13日(月)~25日(日)までの間で行われ
る予定のようです。

東京都の聖火リレーが始まる前は、全国各地でそれぞれ聖火リレーが行われます。
これら各地の聖火リレーで、全国から集まってきた聖火は、東京で1つに集められます。

それぞれの道府県の開催日程に関しては、残念ながら、まだ情報が解禁されていません。

さて、2020年東京パラリンピックの聖火リレーのコンセプトは、
「Share your light」です。

つまり、「あなたが持つ心の光を分け合おう」という意味を持っているのですね。

このコンセプトには、パラリンピックを通して、よりあたたかい共存社会を作るという願い
が込められています。

今の時代は、助け合い・コミュニケーション・パートナーシップの在り方が、昔とはだいぶ
変わりました。

スポンサーリンク

より今の時代に合った幸せな共存について、1人1人が考えるきっかけになったら素敵ですね。

東京パラリンピックの聖火リレーはどのように行われる?

先ほども少し触れましたが、聖火リレーは、まず最初に、東京以外の各道府県で行われます。
そして、それぞれの道府県のゴールで、聖火が集められるのです。
最後に、全ての聖火が集められたら、東京へ持って行き、1つにまとめられます。

ちなみに、聖火を東京まで持って行く場合、基本的には、ランナーが陸を走って持って行く
そうです。

ただし、事情がある場合は、特別な許可を取り、船などで運ぶこともあるそうですよ。

また、東京パラリンピックの聖火リレーで使う火は、各地のお祭りやお盆で使われた火を
再利用する動きのようです。

地元の行事と共に大切にされた火を使うことで、聖火リレーがより身近に感じられそうですね。

それによって、「聖火リレーはみんなのもの」ということを実感してほしいという願いが
込められているそうです。

さいごに

東京パラリンピック聖火リレーは、五輪の選手村が閉じられた後に、全国で始まります。

東京は8月13~25日までの期間ですが、その他の地域に日程は、まだ決まっていない
ようです

「Share your light」のコンセプトの元、新しい共存社会を目指すという願いが込めら
れています。

聖火リレーの火は、ランナーが東京を目指して走って運び、東京で1つになります。

それぞれの地域での、お祭りやお盆の火を再利用するそうなので、より聖火リレーを身近
に感じられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました